• ホーム
  • 無理な食事ダイエットは拒食症になるかも?

無理な食事ダイエットは拒食症になるかも?

痩せたいから食べない無理なダイエットは、拒食症になるリスクもあり不健康です。食べることを拒むような形になりますが、体系へのコンプレックスや、痩せてキレイになりたい願望が強すぎることも原因としてあります。

厳しい食事制限を始めると、はじめは面白いように体重は減っていきますが、長期間行うのは大変危険です。拒食症になると食行動に異常をきたすことになるので、全く食べなくなることもあります。毎回の食事の時にカロリー制限をしますが、健康を維持することにはならない異常な制限です。

体重は落とせても運動をしないと体は引き締まりませんが、身体のたるみなどを余計にコンプレックスに感じることもあります。すでにダイエットに成功をして低体重になっても、自分に理想のボディイメージがあり、少しでも体重が増えることに恐怖心を持つのも特徴です。

周りから見たらスリム体系なのに、本人にとっては太っていると思い込みます。摂食障害を招く原因は間違えたダイエットであり、それが長期間にわたれば大事な健康を失うばかりです。肉体的な健康面だけではなく、精神的にも不健康になってしまいます。少しでもたくさん食べてしまった時には、嘔吐してでも体重を増やさないようにするのも問題です。食べて嘔吐を繰り返すことで胃腸には大きなダメージになりますし、体内の水分も大量に失われます。さほど食べていないのに食べ過ぎと思い込んで、下剤や便秘解消系のサプリで排泄をさせることを繰り返せば、慢性的な下痢になる可能性も高いです。嘔吐と下痢を繰り返すことで、胃腸内の環境は大きく乱れますので、精神面も体調もすぐれません。

一般的に肥満よりも痩せていることに大きな価値観を感じやすく、痩せたい願望と共に、自己肯定感の低さも拒食症の原因です。理想の体重を目指しての強いプレッシャーや、体重増加でのパフォーマンスの低下も、本人にとっての恐怖心になります。医療機関での治療法としては心理療法に薬物療法や栄養療法、栄養補給剤など様々な角度から改善を試みるやり方です。その人の症状にあった治療法を、病院では提案してもらうことができます。

自分に厳しくダイエットを始めて、せっかく体重が減ったのに、だんだんと体重が増加するのが恐怖心に変わったときには要注意です。痩せたのにもっとスリムになりたい願望は、あらゆる不健康のサインをもたらします。低体温になりますし、低血圧にもなり、筋力は低下していくばかりです。心拍数の低下に腎臓や肝臓などの機能も下がりますし、女性の場合は無月経になることもあります。

何も対策をしないままだと症状は進行し、うつ病を併発したり最悪は死に至る可能性もゼロではありません。自覚症状を持てない人もいますが、痩せすぎを認識できずに、食べないで過活動になるケースもあります。本人の自覚がないことも多く、そうなると治療が難しいです。低栄養の状態が長く続くと、早急に健康を取り戻す必要があるので、病院に入院をしての治療になることもあります。